Kotsugi Lab.

Electronic Solid-State

Engineering

ようこそ!私たちはグリーンナノ社会の実現を目指して、ありふれた元素で、高い機能性を持つ新材料の研究を行っています。

機能の根源となる電子状態を巧みに操り

理知的なマテリアルデザインを行います。

What's new

About Us

山崎先生がJSTのACT-Xに採択されました。

NIMSの岩崎先生の論文「fficient autonomous material search method combining ab initio calculations, autoencoder, and multi-objective Bayesian optimization」がSTAM-M誌に掲載されました。

修了生の西尾君の論文「High-throughput analysis of magnetic phase transition by combining table-top sputtering, photoemission electron microscopy, and Landau theory」がSTAM-M誌に掲載されました。

三俣先生の論文「Interpretation of Kronmuller formula using Ginzburg-Landau theory」がJ. Magn. Soc. Jpn.誌に掲載されました。

吉成さんが国際会議The 22nd International Vacuum Congress (IVC-22)にて学生発表賞を受賞しました。

Alexandre Foggiatto先生と永村先生が応用物理学会のシンポジウムにて招待講演を行いました。

日本磁気学会にて拡張型ランダウ自由エネルギーモデルの研究成果を体系的に発表しました。(小嗣、三俣、Alex、増澤)

国際会議The 22nd International Vacuum Congress (IVC-22)にて研究成果を発表しました(永村、Alex、吉成、竹澤、大石)

日本金属学会にてトポロジカルデータ磁区構造解析に関する研究発表を行いました(小嗣)

応用物理学会にて機械学習解析モデルの共同研究の成果を発表いただきました。(NTT小川さん、東北大山本さん)

古矢君の論文「Autonomous synthesis system integrating theoretical, informatics, and experimental approaches for large-magnetic-anisotropy materials」がSTAM-M誌に掲載されました。またJSTと理科大で共同プレスリリースを配信しました。

名古屋大学の宮町先生との共同研究成果「Layer-resolved magnetic moments in N-surfactant assisted FeNi ordered alloy thin films」がJJAP誌に掲載されました。

 私たちは、グリーンエネルギー社会の実現に向けて、ありふれた元素で高機能な材料研究を行っています。電気自動車や、超高速メモリ、次世代型二次電池、はやぶさサンプルまで、機能の根源である「電子スピン」を自在に操り、新しい材料を創っていきます。

 研究室では分子線エピタキシーによる人工格子の作成と、フォトリソグラフィーによる微細加工を行い、ナノ構造の作り込みを行います。また世界最大の放射光施設SPring-8を利用した先端解析によって物質機能を詳細に明らかにしていきます。さらには機械学習を活用し、理知的なマテリアルデザインを行っていきます。

 宇宙からナノテクノロジーまで、世界一を体験しながら、エキサイティングな研究を一緒にしてみませんか?

Access

【By Train】JR常磐線の金町駅より徒歩10分 東京理科大学 研究棟9F

​【By Car】  葛飾キャンパスの駐車場の利用には申請が必要です。

                  スタッフまで別途ご連絡ください。